招待講演


国際学会

  • Enoki R. Visualizing Neuronal Circuits Controlling Circadian and Ultradian Rhythms in Mammals. The 6th International Symposium for Bioimaging. Teikyo University, Tokyo. 2019.9.23. (招待講演)

  • Enoki R. Illuminating neuronal circuits governing circadian and ultradian rhythms in mammals. The Fourth National Academic Conference of Sleep, Chronobiology and Neuropsychopharmacology. ShangHai, China. 2017.12.16-17. (招待講演)

  • Enoki R. Multi-color Imaging of Circadian Rhythmsin Mammalian Master Clock. Fudan-Guanghua International Forum for Young Scholars. ShangHai, China. 2016.12.29(招待講演)

  • Enoki R, Oda Y, Mieda M, Ono D, Honma S, HonmaK. Asynchronous Ca2+ rhythms produce synchronous voltage rhythms in the suprachiasmatic nucleus. Sapporo Symposium on Biological Rhythm in 2016. Sapporo. 2016.11.9-10. (招待講演)

  • Enoki R, Ono D, Mieda M, Honma S, Honma KI. Multifunctional imaging of circadian rhythms in the suprachiasmatic nucleus, Asia Chronobiology Forum, Sapporo, 2015.9(招待講演)

  • Enoki R, Ono D, Mieda M, Honma S, Honma KI. Multicolor imaging of circadian rhythms in the suprachiasmatic nucleus. European Biological Rhythms Society (EBRS)/World Congress of Chronobiology (WCC) meeting, Manchester(UK), 2015.8(招待講演)

  • Enoki R, Honma S, Honma KI. Single-cell resolution fluorescence imaging of functional neuronal networks in the circadian master clock. Society for Neuroscience, Washington DC (USA), 2014.11(招待講演)

  • Enoki R, Honma S, Honma KI. Large-scale, high-resolution fluorescence imaging of circadian rhythm in the master circadian clock. Joint Annual Meeting of the Japanese Society for Mathematical Biology (JSMB) and the Society for Mathematical Biology (SMB), 大阪府立国際会議場, 2014.7(招待講演)

  • Enoki R, Honma S, Honma KI. Large-scale imaging of calcium rhythm in the suprachiasmatic nucleus. Society for Neuroscience, San Diego (USA), 2013.11(招待講演)

  • Enoki R, Fast calcium imaging of amacrine cell dendrites in horizontally sliced goldfish retina第五回アジア太平洋州生理科学連合会議,クアラルンプール(マレーシア), 2002.9 (招待講演)

 

国内学会・シンポジウム

  • 榎木亮介, 日本生理学会企画シンポジウム「中枢概日時計ネットワークの作動基盤」,「室傍核ウルトラディアンリズムの発生機序」,  高松, 香川, 2018.3.28-30.

  • 榎木亮介, 生物時計中枢の神経細胞は単独でリズムを刻むか?〜光計測と微細加工技術の融合アプローチ~, 第二回フロンティアバイオイメージング研究会, 東北大学, 仙台, 2017.11.7.(予定)

  • 榎木亮介, 概日リズム中枢の神経細胞は単独でリズムを刻むか? 〜ナノテクノロジーと長期光計測によるアプローチ〜, 第6回ニューロフォトニクス研究会, 北海道大学(札幌),2017.10.27-28(招待講演)

  • 榎木亮介, 時を刻む脳〜概日リズム中枢の光イメージング解析〜, レーザーバイオ医療技術専門委員会, 札幌, 2017.9.8 (予定)

  • 榎木亮介, 織田善晃, 三枝理博, 小野大輔, 本間さと, 本間研一, Optical Detection of Circadian Voltage Rhythms in the Suprachiasmatic Nucleus「概日時計システムの脳内機構 」, 第94回日本生理学会大会, 浜松アクトシティコングレスセンター(浜松), 2017.3.28-30(招待講演)

  • 榎木亮介, 小野大輔, 本間さと, 本間研一, 多機能同時計測による視交叉上核の細胞内機能カップリング機構の解明, シンポジウム「最新テクノロジーで迫る睡眠覚醒制御の多次元機能解析」, 第93回日本生理学会大会, 札幌コンベンションセンター(札幌), 2016.3.22-24(招待講演)

  • 榎木亮介, 概日リズム中枢細胞ネットワークの 多機能イメージング解析, 脳神経機能学のフロンティア, 東京薬科大学, 2016.3.12(招待講演)

  • 榎木亮介, 概日リズム中枢神経ネットワークの多機能イメージング解析, 異分野融合ワークショップ, 奈良先端大学, 2015.12.10〜11(招待講演)

  • 榎木亮介, 概日リズム中枢の大規模イメージング解析, 生理学会地方会総会, 北海道大学(札幌), 2014.12 (招待講演)

  • 榎木亮介, 生体のリズムを観る〜生物時計中枢神経回路の画像解析〜, 未来創薬・医療イノベーションセミナー, 北海道大学(札幌), 2014.11(招待講演)

  • 榎木亮介, 時を刻む脳~概日リズム中枢の光イメージング解析~, 第三回ニューロフォトニクス研究会, 北海道大学(札幌),2014.11(招待講演)

  • 榎木亮介, 概日リズム中枢神経回路の可視化解析, 蛍光イメージングミニシンポジウム, 北海道大学ニコンイメージングセンター(札幌), 2014.9(招待講演)

  • 榎木亮介, 生物時計中枢の大規模イメージング解析, 第91回日本生理学学会大会, 奨励賞受賞講演, 鹿児島大学, 2014.3(招待講演)

  • 榎木亮介, 概日リズム中枢細胞ネットワークのイメージング解析, 環境生理学プレコングレス, 久野賞受賞講演, レインボー桜島(鹿児島), 2014.3(招待講演)

  • 榎木亮介, 時を刻む脳~概日リズム中枢の可視化解析, 北大若手研究者交流会, 北海道大学(札幌),2014.1(招待講演)

  • 榎木亮介, 振動ネットワークをみる:視交叉上核の網羅的カルシウムイメージング, 第90回日本生理学会大会, タワーホール船堀(東京), 2013.3(招待講演)

  • Enoki R, Large-scale, high-resolution calcium imaging of circadian rhythm in the mammalian master clock, Kick- off Symposium ‘Let's start collaboration’ Hokkaido University Graduate  School of Medicine & Dokuz Eylul University University, 北海道大学(札幌), 2013.5(招待講演)

  • Enoki R, Large-scale calcium imaging of circadian rhythm in neuronal network of the suprachiasmatic nucleus, 4th International Symposium on Photonic Bioimaging, 北海道大学(札幌), 2012.9(招聘講演)

  • Enoki R, The origin of synaptically-evoked calcium signals in hippocampal dendritic spines, 理化学研究所脳科学研究センター国際シンポジウム Frontier in Cellular Neuroimaging, 2005.6(招待講演)
     

セミナー(海外)

  • Enoki R, Fast CCD imaging in dendrites amacrine cells on horizontally-sliced retina, ハーバード大学 マサチューセッツ総合病院, Boston (USA), 2002.11(招聘セミナー)

  • Enoki R, Imaging in dendrites of amacrine cells,ニューヨーク医科大学, New York (USA), 2002.11,(招聘セミナー)
     


セミナー(国内)

  • 榎木亮介, 生命現象を可視化する〜光イメージングによる概日リズム中枢回路の作動原理の探求〜,  北海道大学小児科集談会, 北海道大学, 札幌,   2016.8.22(招待講演)

  • 榎木亮介, 3度目の正直〜失敗例から学ぶ戦略的研究費獲得法〜, 時間生物学トレーニングコース, 東京大学, 2015.11.20(招待講演)

  • 榎木亮介, 生命現象を可視化する〜光イメージングによる概日リズム中枢回路の作動原理の探求〜,GEヘルスケア・ジャパン はじめてのライフサイエンス基礎講座, 札幌, 2015.6(招待講演)

  • 榎木亮介, 概日カルシウムリズムの制御機構と機能的役割, 第三回視交叉上核アリーナ, 北海道大学(札幌), 2015.1(依頼講演)

  • 榎木亮介, 視交叉上核ネットワークの多機能イメージング解析, 第二回視交叉上核アリーナ, 北海道大学(札幌), 2014.1(依頼講演)

  • 榎木亮介, "光”で探る生物時計中枢細胞ネットワークの作動原理, 生物リズム若手研究者の集い2013, 四季の宿ぽぷら(山梨), 2013.8(招待講演)

  • 榎木亮介, 視交叉上核ネットワークの多機能イメージング解析, 第一回視交叉上核アリーナ, 北海道大学(札幌), 2013.8(依頼講演)

  • 榎木亮介, 生物時計の多機能イメージング解析, イメージングブートキャンプ, 北海道大学(札幌), 2013.6(招待講演)

  • Enoki R, Large-scale calcium imaging of circadian rhythm in the neuronal network, 第15回 WPI-IIISセミナー, 筑波大学, 2013.4(招待講演)

  • 榎木亮介, 概日リズム中枢を司る神経細胞ネットワークの大規模イメージング解析, 第四回光塾, 北海道大学(札幌), 2012.8(招待講演)

  • 榎木亮介, 概日時計を司る神経回路網の大規模イメージング解析, 第14回未来創薬・医療イノベーション, 北海道大学(札幌), 2012.1(招待講演)

  • Enoki R. Optical imaging of synaptic transmission and plasticity at individual synapses, 理化学研究所脳科学研究センター BSIフォーラム, 埼玉, 2007.10(招聘セミナー)

 

一般演題の口頭またはポスター発表

 

国際会議(筆頭著者)

  • Enoki R, Oda Y, Mieda M, Ono D, Honma S, Honma K. Coherent Circadian Voltage Rhythms in the Suprachiasmatic Nucleus. Gordon Conference, Stoweflake Conference Center, Stowe, VT, USA. 2017.7.16-21.

  • Enoki R, Ono D, Mieda M, Honma S, Honma KI, Multi-functional analysis of circadian rhythms in the mammalian master clock, 細胞機能と分子活性の多次元蛍光生体イメージング, 京都, 2015.1 (ポスター発表)

  • Enoki R, Imaging Circadian Calcium Rhythm in the SCN, 第68回藤原セミナー「Homeodynamics in Clocks, Sleep and Metabolism」, IBM天城ホームステッド(伊豆), 2014.9(ポスター発表)

  • Enoki R, Topological specificity and hierarchical network of the circadian calcium rhythm in the SCN neuronal network“, Gordon Research Conference in Chronobiology, サルヴェレジーナ大学(米国), 2013.7(ポスター発表)

  • Enoki R, Large-scale time-lapse imagings of circadian calcium rhythm in the suprachiasmatic nucleus, 第10回未来創薬・医療イノベーション拠点形成 国際シンポジウム, 北海道大学(札幌), 2012.9(ポスター発表)

  • Enoki R, Kuroda S, Ono D, Hasan MT, Ueda T, Honma S, Honma KI, Topological characterization of the circadian calcium rhythm in the suprachiasmatic nucleus, Frontier in Behavioral Brain Science, 京都(東京国際フォーラム), 2012.3(ポスター発表)

  • Enoki R, Kuroda S, Ono D, Hasan MT, Ueda T, Honma S, Honma KI, Time-lapse fluorescent confocal imaging of circadian rhythm in the suprachiasmatic nucleus circuits, 第3回光イメージング国際シンポジウム, 京王プラザホテル(札幌), 2011.10(ポスター発表)

  • Enoki R, Kuroda S, Ono D, Hasan MT, Ueda T, Honma S, Honma KI, Time-lapse confocal imagings of circadian rhythm in neuronal network of the suprachiasmatic nucleus,第九回北海道大学未来創薬イノベーション国際シンポジウム, 2011.9(ポスター発表)

  • Enoki R, Kuroda S, Ono D, Hasan MT, Ueda T, Honma S, Honma KI, “Time-lapse confocal imaging of circadian gene expression and calcium in neuronal networks of suprachiasmatic nucleus, 日本神経科学学会, パシフィコ横浜, 2011.9(口頭発表)

  • Enoki R, Multi-photon imaging of synaptic transmission and plasticity in the brain”, 2nd International Symposium on Photonic Bioimaging」,ニセコヒルトンビレッジ(北海道), 2011.2(口頭発表)

  • Enoki R, Multi-photon analysis of synaptic transmission and plasticity in the brain, 第8回未来創薬イノベーション国際シンポジウム, 北海道大学(札幌), 2010.9(ポスター発表)
     

国内会議(筆頭著者)

  • 榎木亮介, 平田快洋, 繁富香織, 織田善晃, 本間研一, 本間さと. 概日リズム中枢の神経細胞は単独でリズムを刻むか?〜マイクロパターン基板と長期イメージング計測による探求〜, NanoBio第10回若手ネットワーキングシンポジウム(東大本郷), 2017.6.9-10. (口頭発表)

  • 榎木亮介, 生物時計中枢における細胞ネットワークの計測・制御と再構成, 第3回さきがけ研究成果報告会, 東京大学, 2016.11.1.(口頭発表)

  • 榎木亮介、織田善晃、三枝理博、小野大輔、本間さと、本間研一, 視交叉上核ネットワークで同期した概日膜電位リズム, 第23回時間生物学会、名古屋大学, 2016.11.12-13.(ポスター発表)

  • 榎木亮介, 概日時計を創る:1細胞計測と操作による細胞ネットワークの再構築, 特設分野研究研究代表者交流会, JSPS学術システム研究センター (四谷), 2016.9.14(口頭発表)

  • 榎木亮介, 生物時計中枢における細胞ネットワークの計測・制御と再構成, さきがけ自主研究会, 花巻, 岩手県, 2016.8.27(口頭発表)

  • 榎木亮介, 生物時計中枢における細胞ネットワークの計測・制御と再構成, 第9回さきがけ領域会議, ザ・ルイガンス(博多), 2016.6.21-11.(口頭発表)

  • 榎木亮介, 概日リズム中枢神経ネットワークの多機能イメージング解析, 時間医学講座開講10周年記念シンポジウム, 北海道大学, 2016.3.19(口頭発表)

  • 榎木亮介, 生物時計中枢における細胞ネットワークの計測・制御と再構成, 第3回さきがけ細胞構成3期生勉強会, 三重県鳥羽市答志町, 2016.18-19(口頭発表)

  • 榎木亮介, 生物時計中枢における細胞ネットワークの計測・制御と再構成, 第7回さきがけ領域会議, 八芳園(東京), 2015.11.26-27.(口頭発表)

  • 榎木亮介, 生物時計中枢における細胞ネットワークの計測・制御と再構成, さきがけ成果報告会, 東京大学, 2015.11.25(ポスター発表)

  • 榎木亮介, 小野大輔, 本間さと, 本間研一. 複数機能同時計測による視交叉上核の細胞内機能カップリング機構の解析, 時間生物学会, 東京大学, 2015.11.21-22. (ポスター発表)

  • 榎木亮介, 概日時計を創る:1細胞計測と操作による細胞ネットワークの再構築, 特設分野研究研究代表者交流会, JSPS学術システム研究センター (四谷), 2015.9.9(口頭発表)

  • 榎木亮介, 生物時計中枢における細胞ネットワークの計測・制御と再構成, 第7回さきがけ領域会議, IBM天城ホームステッド(伊豆), 2015.7.14(口頭発表)

  • 榎木亮介, 本間さと、本間研一, 概日リズム中枢神経回路の多機能・高解像イメージング解析, 環境生理プレコングレス, 神戸, 2015.3 (口頭発表)

  • 榎木亮介, 生物時計中枢における細胞ネットワークの計測・制御と再構成, 第6回さきがけ領域会議, 北海道ルスツリゾート, 2015.1 (口頭発表)

  • 榎木亮介, 生物時計中枢における細胞ネットワークの計測・制御と再構成, さきがけ成果報告会, 東京大学, 2014.11(ポスター発表)

  • 榎木亮介, 生物時計中枢における細胞ネットワークの計測・制御と再構成, 第5回さきがけ領域会議, IBM天城ホームステッド(伊豆), 2014.5(口頭発表)

  • 榎木亮介, 生物時計中枢における細胞ネットワークの計測・制御と再構成, 第一回細胞機能研究会, 北海道ニセコ, 2014.3(口頭発表)

  • Enoki R, Large- scale, high- resolution imaging of circadian calcium rhythm in the mammalian master clock, Optogenetics 2013, 慶應大三田キャンパス, 2013.9(ポスター発表)

  • 榎木亮介, 本間さと、本間研一, 視交叉上核神経回路網の大規模カルシウムイメージング解析, 京都国際会館, 2013.6(ポスター発表)

  • 榎木亮介, 概日時計中枢を司る神経ネットワークの大規模イメージング解析, 先端的光イメージング拠点形成プロジェクト 研究成果報告シンポジウム, 北海道大学(札幌), 2013.3(口頭発表)

  • 榎木亮介, 概日カルシウムリズムの大規模イメージング解析, 第19回日本時間生物学会学術集会, 北海道大学(札幌), 2012.10(ポスター発表)

  • 榎木亮介, 黒田茂, 小野大輔, Hasan Mazahir, 上田哲男, 本間さと, 本間研一, タイムラプス共焦点システムを用いた概日カルシウムリズムの時空間解析, 第89回日本生理学会大会,信州大学(長野県), 2012.3(ポスター発表)

  • 榎木亮介, 黒田茂, 小野大輔, Hasan Mazahir, 上田哲男, 本間さと, 本間研一, 共焦点タイムラプス測定による概日リズム解析, 日本時間生物学会学術集会, 名古屋大学, 2011.11(ポスター発表)

  • 榎木亮介、黒田茂、小野大輔、Hasan Mazahir、上田哲男、本間さと、本間研一, 新規光計測法による概日リズム解析, 北海道大学連携連携研究センターシンポジウム, 北海道大学(札幌), 2011.11(口頭発表)

  • 榎木亮介, Alan Fine, 海馬CA3-CA1シナプスにおける伝達物質放出確率変化の光学測定, 生理学会北海道地方部会(札幌), 2008.9 (口頭発表)

  • 榎木亮介, Alan Fine, Incremental and bidirectional expression of presynaptic long-term potentiation and depression revealed by optical quantal analysis, 第31回日本神経科学学会(東京), 2008.7  (口頭発表)

  • 榎木亮介,小泉周,金子章道,工藤佳久,宮川博義, 海馬CA1錐体細胞の基底樹状突起へのシナプス入力はNMDA受容体チャネルにより大きく増幅される, 第25回日本神経科学大会(東京), 2002.7(ポスター発表)

  • 榎木亮介,小泉周,金子章道,工藤佳久,宮川博義, 海馬CA1錐体細胞の基底樹状突起におけるシナプス電位の増幅発生機序, 神経機能の再構築:生理実験とシミュレーションの統合,第79回日本生理学会大会(広島), 2002.3(口頭発表)

  • 榎木亮介,工藤佳久,宮川博義, 海馬CA1錐体細胞の基底樹状突起における興奮性シナプス入力はNMDA型受容体由来の電流により増幅される, 第24回日本神経科学大会(京都), 2001.9 (ポスター発表)

  • 榎木亮介, 海馬CA1錐体細胞におけるシナプス応答の電位イメージング, 日本生理学会若手の会, 最新の画像計測技術 「From Neuron to Brain」Ca2+イメージングおよび膜電位感受性色素によるcellular imaging, 慶應義塾大学医学部(東京), 2001.8 (口頭発表)

  • 榎木亮介, 井上雅司, 工藤佳久, 宮川博義, ラット海馬CA1錐体細胞におけるシナプス入力加算のイメージング, 生理学研究所「シナプス伝達の機能と分子の接点を探る」, 岡崎コンフェレンスセンター(愛知), 2000.10 (ポスター発表)

  • 榎木亮介,井上雅司,橋本容範,工藤佳久,宮川博義, 電位感受性色素を用いたラット海馬CA1錐体細胞におけるシナプス入力加算のイメージング, 第23回日本神経科学大会(横浜), 2000.9 (ポスター発表)

  • 榎木亮介,井上雅司,橋本容範,工藤佳久,宮川博義, ラット海馬CA1錐体細胞におけるシナプス入力の非線型加算, 生理学研究所「シナプス伝達の動態」, 岡崎コンフェレンスセンター(愛知), 1999.12 (ポスター発表)

  • 榎木亮介,井上雅司,工藤佳久,宮川博義, ラット海馬CA1錐体細胞における興奮性シナプス入力の非線型加算, 第22回日本神経科学大会(大阪), 1999.7 (ポスター発表)

  • Enoki R, Non-linear summation of synaptic inputs in CA1 pyramidal neurons, 理化学研究所脳科学研究センターサマーコース, 1999.7 (口頭発表) 
     

国内/国際会議(筆頭著者以外)

  • Ono D, Enoki R, Honma K, Honma S. Simultaneous measurement of circadian rhythms of multiple functions: dissociation of PER1 and Bmal1 circadian rhythms in the suprachiasmatic nucleus. EBRS (Amsterdam), 2017.7.30-8.3.

  • 平田快洋, 榎木亮介, 繁富(栗林)香織, 織田善晃, 本間さと, 本間研一. マウス視交叉上核の単一神経細胞における概日性 Ca2+振動と神経-グリア間相互作用 (Circadian Ca2+ oscillation and neuron-glia interaction in the solitary neuron of mouse suprachiasmatic nucleus). 日本時間生物学会. 2017年10月28-29日. 京都大学(京都)(ポスター発表)

  • 織田善晃, 榎木亮介, 本間研一, 本間さと. 視交叉上核神経細胞の概日 Ca2+リズムは Ca2+の静止濃度の変動による(Circadian Ca2+ rhythm reflects basal level changes of intracellular Ca2+ in suprachiasmatic neurons). 日本時間生物学会. 2017年10月28-29日. 京都大学(京都)(ポスター発表)

  • Wu Yu-er, Enoki Ryosuke, Oda Yoshiaki, Honma Ken-ichi, Huang Zhi-Li, Honma Sato. Ultradian Ca2+ Rhythms in the Paraventricular Hypothalamic Nucleus. 日本時間生物学会. 2017年10月28-29日. 京都大学(京都)(ポスター発表)

  • Oda Y, Enoki R, Honma K, Honma S. Understanding Circadian Calcium rhythms by fast Calcium imaging techniques. Gordon Conference, Stoweflake Conference Center, Stowe, VT, USA. 2017.7.16-21.

  • 織田善晃, 榎木亮介, 本間研一, 本間さと. 視交叉上核神経細胞における概日Ca2+リズムイメージングと高速Ca2+イメージングの同時計測, 第93回日本生理学会大会,     浜松アクトシティコングレスセンター(浜松) 2017年3月30日 (ポスター発表)

  • 織田善晃, 榎木亮介, 本間研一, 本間さと. 視交叉上核神経細胞における概日Ca2+リズムの形成機構:高速蛍光Ca2+イメージングによる解析, 第12回環境生理学プレコングレス, サーラシティ浜松(浜松)2017年3月27日(口頭発表)

  • 平田快洋, 繁富(栗林)香織, 本間研一, 本間さと, 榎木亮介. マイクロパターン基板を用いた視交叉上核単一ニューロンの長期カルシウム蛍光イメージング, バイオフロンティア講演会, 北海道大学(札幌)   2016.10.22. (口頭発表)

  • 織田善晃, 榎木亮介, 三枝理博, 本間研一, 本間さと. 視交叉上核神経ネットワークの高速カルシウムイメージング, 第39回日本神経科学学会、横浜   2016年7月20日 (ポスター発表)

  • 織田善晃, 榎木亮介, 三枝理博, 本間研一, 本間さと. Monitoring fast neuronal activities and circadian rhythms of intracellular calcium ions in the suprachiasmatic nucleus, 第93回日本生理学会大会, 札幌コンベンションセンター(札幌), 2016.3.22-24(ポスター発表)

  • 吉川朋子, 中島芳浩, 山田淑子, 榎木亮介, 渡辺和人, 山崎麻耶, 崎村健司, 本間さと, 本間研一. 発光レポーターを用いたアルギニンバソプレッシン発現の概日リズム解析. 時間生物学会(東京), 2015.11.21-22. (ポスター発表)

  • 平田快洋, 繁富(栗林)香織, 榎木亮介, 本間研一, 本間さと. 哺乳類の中枢時計の再構築と構成的理解を目指した基盤技術の開発. 時間生物学会(東京), 2015.11.21-22. (ポスター発表)

  • Oda Y, Enoki R, Mieda M, Honma KI, Honma S. Large- scale time-lapse imaging in neuronal networks of the suprachiasmatic nucleus. Asia Chronobiology Forum, 北海道大学(札幌), 2015.9.7-9.(ポスター発表)

  • 織田善晃, 榎木亮介, 三枝理博, 本間研一, 本間さと.視交叉上核ネットワークの長期膜電位イメージング. 生理学学会北海道地区地方会, 旭川医科大学(旭川), 2015.9.5. (口頭発表)

  • 小野大輔, 榎木亮介, 本間さと, 本間研一, “Circadian rhythm generation in the suprachiasmatic nucleus of Cry1/Cry2 double deficient mice, 2010包括脳ワークショップ.さっぽろ芸文館(札幌), 2010.7 (ポスター発表)

  • 東太朗, 榎木亮介, 岩室賢治, 小泉周, 金子章道, 網膜アマクリン細胞樹状突起における活動電位に伴うカルシウム応答の解析, 日本生理・薬理学会合同大会(福岡), 2003.3(ポスター発表)

  • 岩室賢治, 榎木亮介, 東太朗, 小泉周, 金子章道, 網膜アマクリン細胞樹状突起における活動電位発生・伝播の光学的測定, 日本生理・薬理学会合同大会(福岡), 2003.3(ポスター発表)

  • 佐藤幸男, 東太朗, 榎木亮介, 小泉周, 金子章道, 網膜水平スライス標本におけるGABA作動性アマクリン細胞の同定, 第25回日本神経科学大会(東京), 2002.7 (ポスター発表)

  • 春日晃, 榎木亮介, 井上雅司, 工藤佳久, 宮川博義, 海馬CA1錐体細胞樹状突起における活動電位伝播の光学的解析, 第24回日本神経科学大会(京都), 2001.9 (ポスター発表)

  • 河村吉信, 真仁田聡, 榎木亮介, 井上雅司, 工藤佳久, 宮川博義, 海馬長期増強現象に伴う伝達物質放出量の変化: グルタミン酸トランスポーター活性の光学的観測による検討, 第24回日本神経科学大会(京都), 2001.9 (ポスター発表)

  • 宮川博義, 榎木亮介, 春日晃, 河村吉信, 並木政幸, 橋本容範, 真仁田聡, 工藤佳久, 井上雅司. 樹状突起におけるシナプス応答の電位イメージング, 生理学研究所「シナプス伝達の局所制御と可塑性の分子機構」,岡崎生理学研究所, 愛知, 2001.6(口頭発表)

2013 R.Enoki@Hokkaido Univ, Grad Sch of Med